開催日時 2014年5月19日(月) 18:30~21:00
開催場所 池袋 ルノアール西武横店

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●「天気を『操作』する」とは?
・夕方雨が降るという予報の場合・・・
 例:3時間毎の天気予報を見ていて「日中晴れ・夕方雨・夜晴れ」  6-9時 晴、9-12時 晴、12-15時 晴、15-18時 曇時々雨、18時-21時 晴れ  をどう見るか?
→単に「晴れ」「雨」「気温」だけの天気予報ではなく、「どうして」天気が変わる  のか、その「原因」をつかむ。
 結果、それをうまく避けられれば、「晴れ男・晴れ女」になれる

●高気圧は天気がいい?低気圧は悪い?
・「本質的」に暖かいのはどちら?
・高気圧は下降気流、低気圧は上昇気流
・風向きは?

●「天気が悪い」ってどんなこと?
・雨、風、低温、あらし etc 突風、ガストフロントについても?シャワーの実験
・雨はなぜ降るか? → 雲ができるから
・雲はなぜできるのか?
・天気が悪いことを「擾乱(じょうらん)」と言います。
 →天気予報が得意とする擾乱と不得意な擾乱。
 (擾乱の規模の問題)

●雲はどんな時にできるのか?
・山(島)の風上側、入道雲、低気圧、前線
q→ 上昇気流があるところ

・山の風上側
・地上が暖められた時
・海水面が暖かい時
・暖かい空気の塊が冷たい空気に乗り上げたとき
・冷たい空気が暖かい空気の下に入って押し上げたとき

●雲はどうしてできるのか
・温まったり、その他の要因による、上昇の開始
・上昇による断熱膨張
・断熱膨張による、温度の低下
・凝結熱の放出
・さらに暖められて、さらなる上昇

●水の相変化について
→雲ができるかどうかは、上空との温度差と、湿度のによる
上空との温度差が大きいほど、湿度が高いほど雲ができやすい

●雲ができたあとどうなるか?
・氷の粒が大きくなり始めてから
・雨になるとは?
・シャワーの実験
→雨が降り始めた時の気象の変化
ガストフロント、気温の急激な降下
驟雨、
海面が見難い(雨、さざなみ)
ガストフロントの写真

●天気図の見方
・注意するもの
→ 前線、風向き、キンク
・天気予報が当たりやすい時期と当たりにくい時期
・低気圧が近い場合

●その他の情報
・高層天気図
・衛星写真
・ナウキャスト

◆講師経歴
くま呑み予報士
・本名:大間 哲 (外見 くま)
・1995 年 よりダイビングを始める。(地形派ダイバー。ワイド
・2002 年 気象予報士 を取得。(海と空を眺めるのが好きで)
・ダイビング以外の趣味
 オーガナイズド(組織)・キャンプ、合唱、キャリア・カウンセリング
 (国際基督教大学(ICU)で子ども向けキャンプのディレクターも務める)
・ICU物理科卒。日本気象予報士会会員。

◆プロジェクトマネージャ名
山中康司




LINE@で情報配信しています宜しければご登録下さい(PCから登録は出来ません)。

友だち追加数

メールマガジンの登録は こちら

facebookは こちら

twitterは こちら

この記事を書いた人

山中 康司
㈱トーイダイビング企画代表
NPO・日本安全潜水教育協会 会長 山中康司
福岡県北九州市の生まれ
法政大学でダイビングを始めて西伊豆黄金崎公園でダイビング現地サービスの運営に携わっています。