トレーニング経験などによって、コースをチョイスできます。ダイビング経験のない人は、「イントロダクション」や「モジュール#1」からの参加になります。
「イントロダクション」だけの参加も可能です。PADI や NAUI のオープンウォーターを取得されている方は、「モジュール#2」のみ、もしくは「モジュール#1」の途中からの参加できます。コースのチョイスについては裏面を参照ください!

海のフィールドワーカーになろう。

ダイビングは楽しく、魅力に溢れています。
でも、ダイビングライセンスを取得することだけが目的となってしまえば、魅力のほんの一端にしか触れることができません。
ダイビングの技術は、自然観察や、水中写真、サンゴ礁の調査、生物の研究、エコツーリズムなど、様々な奥深い「フィールドワーク」の活動につながっています。
まず目指すべきなのは、自分たちで自立して潜ることのできる「セルフダイビング」です。

未経験者も、経験者も。
生物の研究や水族館スタッフを目指す人も。

「フィールドワーカーのためのダイビング講習」(DTFW)は、海の楽しみを紹介する「イントロダクション」から、ダイビングの基礎講習(module #1)、フィールドワーク・トレーニング(module #2)へと、自分の経験に合わせて参加部分をチョイスできます。
国際基準をもとに、研究や調査、水族館活動などの現場からフィードバックされた情報を元に、必要な技術項目を整理し、フィールドワーカーとしての確実ステップアップを支援していきます。

確かな海の技術を身につけるために

コースをチョイスしよう 基本的なパターンはコチラ!

■これから始める人は・・

Introduction + module #1
「スクーバダイビング入門」4日間

参加費 ¥75,000(消費税別)

※ 事前に上野原で座学を1日行います。
※しっかり技術を身につけたい人は
Introduction + module #1 + module #2(6日間)もおすすめです。
※参加費に含まれるもの:ダイビング費用/機材レンタル費用/素泊まり3泊/講習・指導料/教材/認定申請料(PADI OW) /夕食3回
集合 JR 三島駅南口 8 月 26 日AM8時朝集合
解散 JR 三島駅 8月 29 日の 18時頃到着予定

※主な内容
1 日目 @黄金崎
目的 水慣れ・海への関心を高める
実技 スノーケリング/体験ダイビング/スキンダイビング
2 日目 @土肥 THE101 プール
目的 ダイビングの基礎スキルの習得
実技 海洋で必要なスキルの導入と定着
3 日目 @黄金崎
目的 海洋実習 海洋環境になれる
実技 スクーバ2DIVE+スキンダイビング
4日目 @黄金崎
目的 海洋実習 海洋環境になれる
実技 スクーバ2DIVE + スキンダイビング

■C カードを持っている人は・・

module #2
UW フィールドワークトレーニング 2日間

参加費 ¥33,000(消費税別)

※参加費に含まれるもの:ダイビング費用/器材レンタル費用
/講習・指導料/教材/素泊まり2泊/夕食1食
集合 JR 三島駅南口 8 月 29 日夜 21 時頃集合
解散 JR 三島駅 8 月 31 日 18 時頃
※ 主な内容:セルフダイビングの技術/観察や調査に必要な水中作業(記録、ラインやロープの取扱) など
※ 基本技術に不安のある人は module#1(OW)の一部に参加することもおすすめです。参加費 ¥18.000× 日数 (機材レンタル、宿泊等含む)

■体験して適正を見極めたい・・

Introduction
「体験ダイビング&スノーケリング」日帰り

参加費 ¥15,000 消費税別

集合 JR 三島駅南口 8 月 26 日AM8 時朝集合
解散 伊豆箱根鉄道の修善寺駅 18 時頃到着予定

これらのパターン以外に、OW 講習会のみ(モジュール #1)だけの受講(体 験ダイビングなどの経験がる方)や6日間で3つのモジュールすべてを終 了するなどの選択も可能です。詳細はご相談ください。

申し込み・問い合わせ

黄金崎ダイブセンター
電話:0558-56-1717
E メール:dive@arari.co.jp
ホームページ:https://arari.co.jp/
所在地:〒410-3501 静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須 2192-2

主催:NPO法人 日本安全潜水教育協会(JCUE)
共催:黄金崎ダイブセンター/ ( 株 ) 西伊豆ダイビング
カリキュラム開発協力:帝京科学大学 古瀬研究室

JCUE SNS

LINE@で情報配信しています宜しければご登録下さい(PCから登録は出来ません)。

友だち追加
メールマガジンの登録・解除



JCUE facebook JCUE twitter


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事