2017/2/4(土) 小田原市民会館にて開催された『第18回潜水医学講座小田原セミナー』開催レポートです。

年に一度開催されるダイバーの為の潜水医学講座である「潜水医学講座小田原セミナー」が小田原で開催された。

18年間、毎年ダイバーの為に開かれる医学講座は、4~5の演題が医師を中心に構成されており、数100人の参加者が集まるセミナーでもある。
伊豆半島でドクターヘリを活用した搬送システムが完成されたのも、このセミナーの役割が大きかった。

そして小田原セミナーが18年も続いたのは、ボランティアながら運営を続けたスタッフの方々、セミナー講演を引き受けていただける講師の方々の潜水事故を減らしたいという思いだと感じた。
今後も多くダイバーに参加してほしい素晴らしいセミナーであった。

マイクロプラスチック汚染の現状と対策
講師:高田 秀重  東京農工大学教授

プラスチックのごみ問題は多くの人に認識されているが、マイクロプラスチックは5mm以下の微細なプラスチックである。普段の我々の生活(洗顔料や捨てられたプラスチックが紫外線で破壊されるなど)から大量に海洋へ流れ出て、有害物質と結合しながら食物連鎖を通じで我々の体の中に入ってくる可能性がある。プラスチックのリサイクルや利用量を減らすなどして、マイクロプラスチックの発生をいかに抑えるかが課題である。

緊急酸素使用に関する新しい指針についてー医療用酸素使用に関わるQ&Aを中心にー
講師:野澤 徹  NPO法人 MINDER 水中科学研究所

医師法により酸素の取り扱いや酸素を使った応急手当には制限がある、しかし救命のために使われる酸素であるなら、トレーニングを受けた者が使う場合には利用できる指針が解説された。

・スキューバダイビング中の循環生理(心電図、血圧、酸素)の変化
~血圧の変化を中心に~
伊佐地 隆  筑波記念病院 リハビリテーション科・帝京大学医学部・筑波大学非常勤講師

水中で心電図、血圧、酸素濃度を測定したデータ分析を初めて試みた研究の発表だった。
過去に水中での血圧を測った例がほとんどなく、伊佐地先生の研究は大変興味深いものであった。
ダイビングによって年齢やスキルに関係なく生理的に血圧が3割程度(状態によって変わるが)上昇することが実証された。心疾患や動脈硬化などの疾患のあるダイバーには水中の血圧の上昇は危険な因子である。血圧が160以上(130以上は高血圧だるが)ある場合は血圧のコントロールが重要であることが実証された講演だった。

中高年ダイバーの循環器疾患予防について
桐木 園子  日本医科大学付属病院 循環器内科・総合診療科

アメリカDANのレポートでは2010年から2013年の間に死亡したダイバーの21%に高血圧・心血管疾患と糖尿病罹患歴があった。生命の危機に直結する循環器疾患のリスク低減を図るために検診が重要である。
動脈硬化の原因になる高血圧症、糖尿病や高コレステロールは一般的な検診で検査されるが、運動耐容能検査法(トレッドミル法は心電図や血圧計を装着した状態で歩行運動をする。経過時間と共に負荷がかかり、目標心拍に達したところで耐容能を評価)も重要である。その他に心臓の形態異常は心臓超音波、動脈硬化進行の指標となる頸動脈超音波検査・足関節上腕血圧比・脳波伝搬速度がある。
中高年ダイバーは検診を受けて自己の体調管理が必要である。

重症減圧症における兆候
土居浩
荏原病院 脳神経外科 部長

荏原病院は開設以来治療した減圧症930例のうち 重症例は46例(4.9%)
全例救命し症状の完全寛解を認めた症例も90%を超えている。
今回は救命しきれなかった症例を含め兆候としての問題となる症例を提示された。
ダイバーは減圧症の症状を理解すること、多くの症例を処置した経験のある医師の育成、特に重度の症例に対して速やかに対応できる体制などを改めに見直すことの必要性を感じた。




LINE@

LINE@で情報配信しています宜しければご登録下さい(PCから登録は出来ません)。

友だち追加数

メールマガジンの登録

JCUE facebook

JCUE twitter

この記事を書いた人

山中 康司
㈱トーイダイビング企画代表
NPO・日本安全潜水教育協会 会長 山中康司
福岡県北九州市の生まれ
法政大学でダイビングを始めて西伊豆黄金崎公園でダイビング現地サービスの運営に携わっています。