JCUEセミナー 知ってるようで知らない電池の話

財布と環境に優しい充電式電池.水中ライトなどに利用されているダイバーが多いと思います。
カタログには何百回も繰り返し使えると書いてありますが、それを疑問に思っているダイバーの声がちらほら聞こえます。
そこで今回のセミナーでは充電式電池の専門家をお招きして、充電式電池を末永く使用するためのノウハウを学びます。
デジタルカメラやビデオカメラに使われているリチウムイオン電池(Li-ion電池)の解説を(株)共創、単三電池や単四電池として販売されているニッケル水素電池(NiMH電池)の解説をFDK(株)にそれぞれお願いしました。
どのようなことに気をつけて使えば充電式電池へのダメージが少なく、少しでも充電回数を多く、そして末永く使用できるのか、その秘密に迫ります。

アウトライン

リチウムイオンバッテリー 株式会社共創の方の講演
http://collabotech.jp/

ニッケル水素電池 FDK株式会社の方の講演
http://www.fdk.co.jp/denchi/index.html

質疑応答

開催

芝浦工業大学体育会スキューバダイビング部主催
NPO法人 JCUE(日本安全潜水教育協会)共催

日時

1月20日(水)

18時30分 受付開始
19時00分 開始
20時30分 質疑応答
21時00分 終了予定

会場

IMG_0010
芝浦工業大学 田町校舎 301教室
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/shibaura.html

参加資格

どなたでもご参加いただけます

参加費

芝浦工業大学関係者 無料
JCUE正会員 無料
JCUE一般会員 ¥500
関東学生潜水連盟会員 500円
その他    ¥1,500

定員

90名

申し込み

下記フォームよりお申込下さい。

申込受付は終了対しました。




LINE@

LINE@で情報配信しています宜しければご登録下さい(PCから登録は出来ません)。

友だち追加数

メールマガジンの登録

JCUE facebook

JCUE twitter

この記事を書いた人

山中 康司
㈱トーイダイビング企画代表
NPO・日本安全潜水教育協会 会長 山中康司
福岡県北九州市の生まれ
法政大学でダイビングを始めて西伊豆黄金崎公園でダイビング現地サービスの運営に携わっています。